借金で大変。繰り上げ返済計画も予定通りにはいかないものです。

借金で大変。繰り上げ返済計画も予定通りにはいかないものです。

 

以前、失業してしまい、収入がなくなり貯金を取り崩して生活していたことがありました。
しかし、貯金が底を付きそうになっても仕事が見つからず、とうとう借金せざるを得ない状況に追い込まれてしまいました。

 

当時、私は何枚かクレジットカードを持っていました。それらのカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、そのうち1枚のキャッシング枠を利用してお金を借りました。

 

ですから、特に審査が必要だったわけではありません。
コンビニに設置されているATMで、いとも簡単にお金をおろすことが出来ました。

 

しかし、この容易さがわなになってしまいました。
必要最低限のお金しか借りないようにしてはいましたが、2ヶ月ほどでキャッシング枠一杯になってしまいました。

 

それで、2枚目のカードを利用して、同じようにしてお金を借りました。
結局、新しい仕事が見つかった時点で借金は100万円近くにまで膨れ上がっていました。

 

幸い、その新しく見つかった仕事の給料が割と良かったので、その後、返済していくことが出来ました。
ただ、金利が高く、返しても返しても借金の残高は少しずつしか減りませんでした。

 

結局、仕事が見つかってから完済するまで、3年近くかかりました。
一度、借金をしてしまうと、そこから抜け出すのは至難の技だとつくづく感じました。

 

借金は繰り上げ返済を目指す

 

借金は返済が計画的でないと雪だるま式に増えたりするので注意が必要です。
借金をしている人の中にはそういった意識が低くて利子だけを返済して元本が減らないという返し方をしている人もいて、それだと一向に借金が減らないのは言うまでもありません。

 

私自身も借金はありますが、増えないように自分で計算するように返済をしています。
今のところは、返済スピードをアップさせて繰り上げ返済までは至っていませんが、絶対に繰り上げ返済をしたほうがいいというのはわかりきっているので目指そうとしています。

 

また、たとえ繰り上げ返済ができなくても、それぐらいの意識でないと借金を返済している途中で、収入が減ったときも余裕をもって調整ができなくなってしまいます。
返済が長くなればなるほど利子の金額が増えて、無駄な支払いが多くなってしまいます。

 

借金があるということは経済的な部分だけでなく、心理的にも日常生活にかなり負担になっています。
逆に繰り上げ返済ができれば予定よりも支払いが少なくなり、早く開放された気分になります。

 

今は繰り上げ返済に向けて、返済用貯金を始めています。
ある程度その繰上げ返済用貯金が貯まってくれば、実行して返済期間の短縮ができればと考えています。

 

借金返済期間で思うことと言えば…

 

毎度、借金の返済期間にて思うことはと言われれば、「今こうしてコツコツお金を返すことができているのに、なぜ貯めることはできないのだろう…」ということですね。
もちろん、自分だけではなく、数多くの人が思っていることなのでしょうけれど。

 

しかし毎度毎度思うことは、なぜにこの返済期間の真面目さが、無借金期間には活かされないのか…ということですね。
貯蓄と借金とでは感じるプレッシャーも違うと言いますが、貯蓄をしたことがない人間からすればイマイチよくわからないのです。

 

また、「借金をしていないとハリが出ない」ですとか経営者の方なども発言することが多いですよね。
まあ経営者ではない、私の兄もよくこういった発言をするのですが。

 

しかし確かに、なにかひとつの目標が目の前にあると、そのために頑張ろうとも思いますし、借金を返済しなくてはいけないから会社をずる休みすることもしないのですから、「借金が生活のハリになる」とは、ある意味当たっていると思います。

 

とは言っても、会社経営における借金と個人のプライベートにおける借金とでは、同じ借金でも意味合いが違ってくるのだとは思いますが。
しかし「生活のハリ」という面においては、通じるところもあると言えるでしょう。

 

予定通りに返済ができないこと

 

去年の年末に、体調を崩して数日間だけ入院したことがありますが、その時には、手持ちの現金が足りなくて銀行系のローン会社から生活費を借り入れたのです。
その時は、数ヶ月で全て完済する目処が立っていたので、何とも思いませんでした。

 

それから、年末にはいくつかのイベントが入った後で、友人の結婚式もありました。
なので、お祝いの際には自粛することなく、お金は使ったのです。

 

すると、月末には予定の支払いがあるのですが、足りない状態になっていたので、更に追加で借り入れをしたのです。
それから毎月返済をするためにお金を集めていたのですが、どうも予定したようにお金が集まりません。

 

仕事はしっかり行っているのですが、業績が悪くて会社も危ない状態であり、とりあえず給与がもらえているだけありがたいと思わなければ生活ができない状態でした。

 

その状態で何ヶ月もギリギリの状態で生活していましたが、返済額が少しずつ減ってきたと思ったところで、マイカーが故障して更に出費が増えて月末になると足りない状態になるのです。
そしてまた借り入れの状態が繰り返しになるので、いつまでも返済額は減らないのです。
どうにか状況を打開する事を考えているのですが、今のところ見通しは立っていません。

 

安易にキャッシングをした後は返済が大変

 

キャッシングを利用するきっかけなんて案外簡単なものです。
冠婚葬祭が立て続けにあったり、意外な出費があったりしてやりくりが難しくなったとき、クレジットカードにキャッシング機能がついていた、ただそれだけの事です。

 

実際今現金がないときにはキャッシングサービスはとっても助かります。
でも、そもそもやりくりが大変な中で、キャッシングをしてしまうと返済はなかなか大変です。

 

私も、きっかけは車検代がどうしても工面できなくて10万円をクレジットカードでキャッシングしたのですが、月々5000円で返済をしている間に、お世話になった人のお葬式があって、また3万円を借りる羽目になり、結局月々1万円ずつ返済することになりました。

 

給料から1万円が借金返済に消えてゆき、1年以上も返済しなければいけないことを考えると、生活を本当に切り詰めなければいけませんでした。

 

私は、弁当は絶対に手作り、友人と遊ぶ回数も控え、私服もあまり買わないようにして、とにかく出費を切り詰めました。
さらに、スーパーの閉店間際に買い物に行って食費も少なくするように頑張りました。

 

結局、通常の請求通りにキャッシングを返済し1年以上かかったのですが、この経験を踏まえ私は出費を抑える生活を今も継続しています。
そして万が一の時の為に出来るだけ貯金をして、キャッシングに頼らないように頑張っています。

 

借金はなかなか減りません。

 

買い物などをするときにリボ払いで買い物をしておりました、はじめは毎月支払額が変わらなくてお得だと思っていました。

 

しかしこれにはトリックがあることさえ知らなかったのでいつも通りに使っていましたがある時に友人からこのリボ払いがすでに多くの借金だということを知らされてびっくりしました。

 

毎月利子を払って元本は減らないのであり翌月から支払いを替えてもらって多く支払いリボ払いをやめるように努力していきました。

 

毎月の支払いは多くなりますがそれでも元本が減るほうが嬉しいことですし借金が少しでも減っていくと思えば少しは考えが楽になります。

 

通りで買い物などをするときにリボ払いをすすめるわけだということを後で考えると納得行くと思いました、このように何も知らなくてリボ払いをしている人は多いと思います。

 

自分と同じように毎月の支払いがかわらなくお得だと勘違いしている人達はぜひとも考えを替えるべきですね、意外と知られていないこの支払い方法は生活が変わらないですがいつまでも借金を背負っていることを自覚することですね。

 

このように買い物などをするときにはやはりよく考えて借金を作らないようにすることですしまた支払いは元本を減らすべきですね。

借金で大変。繰り上げ返済計画も予定通りにはいかないものです。の関連記事

借金返済地獄で苦しい人は自己破産したら楽になる!
借金返済体験談
借金で苦しい体験談